応援お願いします!フォローボタンをポチッ!

2017年11月12日日曜日

プロフィール写真の選び方の盲点

自分をよく知る人に客観的なアドバイスをもらうこと。

プロフィール写真を選ぶ時に意識してください。

仕事をアピールしたいならそれっぽい写真を!

ムスっとしていたり、怒った表情の写真よりは

笑顔だったり、微笑んでいる写真の方が

印象は良くなるでしょう。

一般的なセミナーでは大体このようなことを学びます。

それに加え、

自分らしさが出ているか

第3者に聞いてみることをオススメします。

僕の行ったセミナーでは

プロフィール写真の良し悪しの

判断基準は学べますが、

知り合って間もない人では

いまいち僕らしさまで判断がつかない。

主観も大事ですが、

自分らしさはこれまで長く付き合っている

第3者に意見を求めましょう。

僕が最近まで使っていたのは


制服で、ロゴの入った看板も一緒に写っていて、笑っています。

これがいいかな〜と思って使っていましたが、

目が笑っていない。

らしさが出ていない。

というアドバイスを受けました。

目が笑っていない。

その通り…撮影時緊張していました。笑

だから今年一番いい笑顔で撮れた

こちらの写真にしようかと思っています。

偶然撮れたものなのでめっちゃ拡大しています!


恋人が欲しい

友達が欲しい

仕事をもっと増やしたい

ブログのアクセスを増やしたい

名刺、自己紹介、SNS、ホームページなど

あなたをアピールする機会は

今の時代ますます増えています。

人に対して自分の何かを発信する時、

どんな場面でも相手は、

あなたってどんな人なの?

を気にします。

そこで重要になってくるのが

プロフィール写真です。

写真ひとつで仕事が増える

アクセスが跳ね上がるなんてことは

少なくありません。

最近のプリクラのように大きく印象を

変えてまで狙う必要はないと思いますが、

せっかくなら自分らしさを伝え

印象を良くする方が得ですね。

自分をよく知る人に客観的なアドバイスをもらうこと。

参考にしてみてください。
-----------------------------------------------
のと整体ホームページ

のと整体facebook
(申請・フォローお気軽にどうぞ)

のと整体LINE
(お気軽にともだち申請どうぞ!特典あり)

のと整体twitter
(申請・フォローお気軽にどうぞ)


院長のプロフィール

のと整体メニュー・料金一覧

-----------------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿