応援お願いします!フォローボタンをポチッ!

2016年4月24日日曜日

自己紹介⑥

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

昨晩、車で走っていたら色々な野生動物を見かけました。

ウサギ、キツネ、テン、タヌキ、フクロウ、、、

改めて、田舎に住んでいるなーと実感しました。

さて、自己紹介の続きです。

似顔絵のプロになりたいと思ったきっかけはいくつかあります。

絵を勉強したことはないのですが、似顔絵だけは自己流で描いていました。

介護の仕事をしていた時や、パチンコ屋の店員をしていた時、オーストラリアに行っていた時など、僕の人生の中に似顔絵はかなり登場していました。

ただ、どうやったらもっとうまくかけるのかわからず、勉強したいなーとずっと思っていました。

また、インターネットの仕事をしていた時、やはり故郷に帰って貢献したいという気持ちが強くなっていました。

両親のこともありますし、地元で新たに出会った人たちの魅力が忘れられませんでした。

ある日、東京の下北沢に遊びに行った時、似顔絵のお店がありました。

お店の名前は『カリカチュアジャパン』でした。

カリカチュアとは、モデルの特徴を一瞬で捉え誇張して描くスタイルで、店内に飾ってある絵はどれも、おもしろくて似ているものばかりでした。

http://caricature-japan.com/cgi-bin/s_vote/s_vote.cgi

似顔絵に興味のあった僕は一瞬で釘付けになってしまったのですが、その会社は似顔絵の教室も定期的に開催していました。

後日、体験教室に参加しました。内容はまさに、僕がずっと学びたかった『似顔絵をうまく描くための方法』でした。

当時、初めて描いたカリカチュアです。写真が残っていました。恥ずかしいです。
誰だかわかりますか?

左が受講前で、右が受講後の作品です。ちょっとは進歩してるような感じですね。笑
 
そして、大満足で体験教室が終わったのですが、もっともっと詳しく学べるコースがいくつかあり、その中でも『プロ養成コース』の存在を知りました。

『プロ養成コース』とは、3ヶ月間の特訓を受け、最終試験に合格したら、その会社のアーティストとして雇用してもらえるというものでした。

その当時はまだ、インターネットの仕事をしていたので、プロ養成コースの受講は考えられませんでしたが、その仕事を辞めるとなった時、挑戦してみたいという気持ちが芽生えてきました。

カリカチュアジャパンの会社のホームページをみていると、社長である『KAGE(かげ)』さんのメッセージがあり、それはさらに僕の背中を押してくれるものでした。

http://caricature-japan.com/company/message/

将来、石川県に店舗ができた時、そこで働いていることを想像するとワクワクしてきました。

そんな経緯で、似顔絵師を目指すことになりました。

-----------------------------------------------
のと整体ホームページ

のと整体facebook
(申請・フォローお気軽にどうぞ)

のと整体LINE
(友達お気軽に申請どうぞ!特典あり)
line://ti/p/@hly7391i

のと整体twitter
(申請・フォローお気軽にどうぞ)
https://twitter.com/notoseitai

院長のプロフィール
http://www.noto-seitai.jp/about.html

のと整体メニュー・料金一覧
http://www.noto-seitai.jp/price.html

-----------------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿