応援お願いします!フォローボタンをポチッ!

2016年4月25日月曜日

自己紹介⑦

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

昨晩、ウェルカムボードの依頼がありました。
ありがたいことに時々似顔絵の依頼があります。

前回は東京浅草に本社を構える、似顔絵の会社『カリカチュアジャパン』との出会いを書きました。

カリカチュアジャパンではアーティストを 定期的に募集していて、会社内でアーティストを育てる『プロ養成コース』という2ヶ月のプログラムがあります。

プロになりたい人しか受けないかというとそうでもなく、プロの技術を学びたいという人も受けることができます。

インターネットの仕事を辞めて、さあプロ養成コースを受けようと意気込んで行ってみましたが、ぎりぎり締め切りに間に合わず、早くて2ヶ月先になると言われました。

まあそこは切り替えて、その2ヶ月間は修行期間にしようと思いました。

プロ養成コース以外にも、基礎コース・一般コースというものがあり、アーティスト方が講師となって、様々な技術を教えてくれます。

僕は週に一回の基礎コースを選択し、神奈川県のシェアハウスから浅草まで通いました。

基礎コースのない日は、家で練習しました。

でも、シェアハウスなのであんまり家に閉じこもっていると苦情が出るので、近くの図書館に通いながら、練習しました。

2ヶ月後、プロ養成コースが始まりました。

僕が受講したのは27期でした。これを書いている現在は37期生を募集していますね。

http://caricature-japan.com/education/pro/

27期生は最初15名でスタートしました。
性別・年齢・国籍もバラバラでした。
27期は20歳〜60歳を越える方まで幅広かったです。
しかし、アーティストを希望する人で僕のような30歳はかなり上でしたね。

将来のアーティストを育てようとするコースなので、講師も生徒も本気です。
毎回毎回、ピリピリと緊張感が伝わってくる雰囲気でした。

よく才能がないと描けないでしょ。という人がいるのですが、

現在カリカチュアジャパンのトップアーティストとして活躍している人の中には、
全く経験がなかったり、絵とは関係ない職業をしていた人がいらっしゃるようです。

仕事をしながら授業を受けている人もたくさんいらっしゃいます。

僕も絵の勉強をしたことはありませんが、そんなことはなんの言い訳にもならない環境でした。笑 

週に一回の授業を終えると、毎回膨大な宿題が渡されます。
それを次の授業までに身につけ、毎週ステップアップしていくという流れでした。

全8回の中で、前半は下書きやペンを使った練習。
後半はそれに加えカラーリングを学びます。
もちろん、技術だけではなくプロとしてあるべき姿勢も一貫して学ぶことができます。

最後の授業では一人のモデルを12分で描き上げ、それを5人描きます。

一人一人の作品が壁に張り出され、それを講師と生徒全員で採点をし、順位が付けられます。

順位が良かったり、見込みのある人は合格。

合格した人は一ヶ月間の『特別トレーニング』への切符を手に入れることができます。(アーティスト希望者のみ)

さて、僕はというと数ヶ月間の基礎コースの経験があったので順調でした。

とは言い難い散々なスタートだったのです。

-----------------------------------------------
のと整体ホームページ

のと整体facebook
(申請・フォローお気軽にどうぞ)

のと整体LINE
(友達お気軽に申請どうぞ!特典あり)
line://ti/p/@hly7391i

のと整体twitter
(申請・フォローお気軽にどうぞ)
https://twitter.com/notoseitai

院長のプロフィール
http://www.noto-seitai.jp/about.html

のと整体メニュー・料金一覧
http://www.noto-seitai.jp/price.html

-----------------------------------------------




0 件のコメント:

コメントを投稿